あなたの知らない真の健康促進食材
店主一押しの驚きの食材

店主 内藤
このコーナーでご紹介する食材は、身近で、毎日の食卓に上がるような食材でありながら健康増進効果が著しく、皆様の健康維持のお役に立てられるものと確信したものですので、どうかお召し上がり頂けます様ご推薦申し上げる次第です。

bP ‘血栓予防’に納豆!
現在、病気での死因のトップ3が、ガン、心筋梗塞、脳梗塞であることは公然の事実!

では、この3大死因の原因はというと、まず大きくあげられるのが‘血行不良’ということ。

例えば、ガンは‘熱’と‘酸素’に弱いというのは有名ですが、この熱とか酸素というのは、赤血球のヘモグロビンが酸素を運んで、その酸素が熱を燃やす働きを担うことによるものですから、この赤血球が毛細血管にも充分行き渡り、臓器や細胞周辺の温度を高めておかないと、その冷えた部分にガンも発生しやすくなります。

また、心筋梗塞、脳梗塞は、ズバリ血管が詰まって、酸素が細部まで行き渡らず、組織が壊死してしまう病気ですから、とにかく、全身の細胞の隅々まで‘酸素’を運んでやらなくてはなりません。

こういえば、皆さんの中には、「血液をサラサラにする健康食品をとればいいんじゃないか」と思われる方がおられると思いますが、血管が詰まってしまえば、いくら血液がサラサラになっても先に全く行きませんから、サラサラだけではすべてがOKというわけにはいきません。

そこで、血管のつまりを溶かすものがあればよいわけですが、この最高のものが納豆の‘ナットウキナーゼ’という酵素です。

納豆研究で日本一の須見教授によれば、心筋梗塞の発作が起きたとき、医師は、‘ウロキナーゼ’という血栓溶解剤の約2万円の薬を打ちますが、納豆だと100g(2パック分)で、ウロキナーゼ1回分と同等の溶解作用を発揮すると報告しています。

そして、薬は副作用があり、持続性がなく5分以下の有効性しかないが、納豆だと数時間効果が持続し、副作用が全くないという大いなる利点があります。

最近では、健康TVでも、物忘れのひどい方の頭のCTを見ると、何やら白い斑点が一杯あり、これが‘隠れ脳梗塞’で、将来的に今のままでいくと、下半身麻痺が起こるような本格的な脳梗塞になりかねないと言っているところに、血栓を溶かす納豆を一週間摂ると、不思議に隠れ脳梗塞の白い斑点がほとんど消えている映像を紹介していました。

そこで、店主は、その血栓を溶かす納豆でも特に秀でた納豆を発見することができたので、皆様にその納豆をご紹介することにしたのです。

その納豆の名は「麦とろ納豆」といいます。
血栓溶解力がすごい!「麦とろ納豆」 ( 血栓溶解力 一般の納豆:7100cu 麦とろ納豆:42400cu )
店主一押しのスーパー納豆
「麦とろ納豆」
麦とろ納豆
大山納豆 (TEL) 0463-93-4112
この麦とろ納豆は、大山豆腐の加藤社長が、2年間、ありとあらゆる納豆菌を集めてきて、どの納豆菌が最も血栓を溶かすかを、繰り返し繰り返しの実験の中から選抜した納豆菌です。

ですから、この麦とろ納豆の血栓溶解力は、通常の納豆より約6倍のパワーを発揮します。

そして、お値段も3パック1包みで、なんと超安価な165円という、まさにうれしい限りの価格で提供されており、現在、ジャスコ系列のお店に置かれておりますが、置いてない場合は、お店の方に言って、ぜひ、置いてもらうようにしましょう!

bQ 抗ガン食品のトップクラス「ブロッコリーの新芽」
店主のところに、ある時、一つの情報が入ってきました。

その情報とは、お客様からのもので、抗がん剤、放射線療法をしても全く効果のなかったある末期のガンの方が、病院からはサジを投げられ、残された余生を何とか充実させたいという願いを込めて、東北の旅にご夫婦で出られたそうです。

そして、長期の旅から帰ってきて、一様、かかりつけの病院での検査だけはしなければなりませんでしたから、検査をしに行ったそうです。

しかし、その検査で、なんと信じられないことに、あの何をやってもダメだったガンが消えていたのです!

当然、同じ病室にいたガン患者の方たちは、「どっか良い病院にでもかかってたの?」とか「何か健康食品でも摂っていたの?」などなど、あらゆる質問が飛んできました。

しかし、その全治した方は、「別に変わったことは何もしていません。ただ、健康番組で‘ブロッコリーの新芽’が体に良いといっていたから、それだけ摂っていたかな〜!」と答えたのです。

それを聞いた患者さんたちは、自分のベットの下に‘プランター’をしのばせ、ブロッコリーの栽培を始めたとか・・・!

一見、ちょっと信じられない話ですが、ブロッコリーを調べていくと、アメリカのガン研究では、ブロッコリーは抗がん食品のトップ3に入るすばらしい食材であることが判明。

さらに、ブロッコリーの新芽は特に抗がん性が、成熟ブロッコリーより20倍〜50倍も強力であるという・・・。

こんなすばらしいものを食べない手はありません。
そして、このブロッコリーの新芽の中でも、特に種にこだわって、同じ重量で、お値段もいっしょにもかかわらず、抗がん有効性物質が2倍も多い、特別すばらしいブロッコリーの新芽を発見したので、これを皆様にご紹介します!

その名を「ブロッコリースーパースプラウト」と言います。

ブロッコリーの新芽(スプラウト)には、抗がん性があり、その有効成分「スルフォラファン」なる物質が、成熟ブロッコリーの20倍〜50倍も含まれています。

この‘スルフォラファン’は、体内に入って、特に肝臓に働きかけ、発ガン物質を解毒する酵素を強力に活性化します。

そして、この‘スルフォラファン’は、熱にも強いので、加熱しても大丈夫なので、いろんな料理が可能となります。

また、効果は一度食べると3日以上持続するらしいですから、週に2回ほど食べるだけでOK!
「ブロッコリーの新芽」
ブロッコリーの新芽
村上農園 (TEL) 0475-54-3281
その‘スルフォラファン’を多く含む特別なブロッコリーの新芽を販売されているのが、メーカー名‘村上農園’の「ブロッコリースーパースプラウト」といいます。

お値段も1パック数百円程度で、とってもリーズナブル!

これをお近くのお店で是非ゲットしてください!

トップページに戻る