これを見なければ絶対に損! 是非ご覧下さい!!
ギベオン隕石の強烈なるパワー
宇宙からの壮大な贈り物!

ギベオン隕石とは?
ギベオン隕石は、1836年アフリカのナミビアにあるギベオンという砂漠地帯で発見された隕石で、その成分は、地球の歴史の46億年よりもはるかに古いといわれている。

物体が、本当に隕石かどうかは、隕石が特有に持つといわれる「ウイドマンズタートン」という結晶構造をもつかどうかによるとされる。
この結晶は、生成するのに最低でも100万年はかかるとされ、また、美しいものである。

そして、当店の隕石は、まさに、この‘ウイドマンズタートン’の結晶を持ち、隕石鑑定の世界的権威の‘ロバートハッグ博士’の鑑定書が入っているものである。

この隕石が、強力な波動をもち、‘魔’を近づけさせないパワーと人間に安らぎを与えるエネルギーなどを発し、当店の守護石ともなっている。

この力は、大気圏突入時の、何千度という熱作用によって、一種のセラミック化を起こし、遠赤外線を始め、マイナスイオン、その他の未知のエネルギーを半永久的に発することによって起こるものとされている。

また、わが日本でも、隕石はあまりに強力なパワーを出していることから‘魔よけ’として神社の‘御神体’として祭られていることが多く、風水的にも、過去に隕石が落下したところでは磁場が高く、人が集まりやすい人気の土地となりやすいとされ、東京では荻窪のあたりがその場所にあたる。

その良い波動をキャッチしてか、宗教団体の本部なり支部が乱立しているという不思議な現象がある・・・。

最近では、「不思議研究所」の‘森田健’さんが、このギベオン隕石を購入し、隕石から放射されるエネルギーが体に良い波動を出していると解説した本の内容を紹介しています。
ギベオン隕石 ギベオン隕石 ギベオン隕石 ギベオン隕石の鑑定書 ギベオン隕石のパワー浴
無茶苦茶に重い15kgの‘ギベオン隕石’隕石鑑定書隕石パワー浴を
している商品
霊能者・超能力者が驚く石!
当店に訪れた霊能者、超能力者の方たちが驚きの声を上げるのが、この‘ギベオン隕石’。

彼らがお店に入って正面に飾られているショーケースの前に来るや否や、何やら手をかざしながら‘すごいエネルギーが出ている’、‘すごい気だ!’と必ず口にする言葉がこれ!

ちなみに、あのアポロが取ってきた‘月の石’のエネルギーは絶大なものだそうで、月の石が保管されている部屋に入った瞬間に、ビリビリくるものすごい波動で充満しているのだとか・・・!

お店のスタッフには、何にもわからないエネルギーだが、敏感な方たちがそう言っているのだから、恐らく本当にスゴイのだろう。

ただ、そのエネルギーを、扱っている商品に対して善ある影響力を与えることも可能だといわれ、特に水分の多いものには、このエネルギーは入りやすいということで、お醤油、酵素、ノニ、EMなどの商品は、隕石の近くに置いて、その強烈な気の波動を入れて、よりマイルドで、発酵を醸成させるように工夫しています。

これは、今はやりの‘もろみ酢’のように、土で作った甕(かめ)に太陽光線を照射して、その熱によって甕から遠赤外線が放射され、中のお酢がマイルドに醸成されていくのと同じ原理。

この原理を使い、商品化された後でも、隕石のパワーによって、さらに中身を良質化しようとする試みです。

隕石パワーの実験
実験 水道水   実験 水道水を隕石の前に置く
水道水を隕石の前に2時間置くと・・・
普通の水道水をギベオン隕石の前に置いて、2時間経過後にどのような変化があるかという実験をしました。
本当に隕石にはパワーはあるのか・・・?
エネルギー波動
水道水−2
隕石パワー水+3

実験前の水道水の波動数値は−2、そして、隕石の近くに2時間置いた水道水の波動は+3までアップ!
この隕石パワーの実験により、実際に隕石には何らかの不思議なパワーがあるという事が分かりました!

前のページに戻る トップページに戻る