店主 内藤
世の矛盾、スジの通らない事に店主・内藤が吠える!
皆様の知らない情報、健康法満載!
痛快!店主のひとりごと
店主のひとりごと Vol.132
重要なミネラル
2010.01.19

これまで地球人類を襲う静かな恐ろしい脅威をお知らせしましたが、積極的にワカメ、コンブ、大豆を摂って頂くようになったでしょうか?

そして、今回、皆さんにお知らせしたいことは‘あるミネラル’の重要性についてです。

今、骨の弱い人、すぐブチ切れる子供、結石の人、血圧が高い人などが激増しているのですが・・・

さて、この人達にはどのようなモノが必要でしょうか?

と問えば、ほとんどの方が、‘カルシウム’というミネラルが必要とお答えになるかと思います。

たとえば、骨などはカルシウムとリンからできていると考えてのことだと思われますが,


しかし・・・

カルシウム摂取だけでは効率がめちゃくちゃに悪いのが現実なのです。

実は、カルシウムとリンを結びつける接着剤の働きをしている○○を抜きにしてはダメなのです。

また、○○は、結石のように血管壁にカルシウムが沈着するのも防ぎ、筋肉のけいれんやコムラ返りを防ぐ力もあり、特に、‘心臓’に重要なモノです。

そして、ブチ切れる子供の精神安定効果も、○○はあるということがわかってきたという。


さらに・・・・・・・・

店主に言わせれば、先に紹介した長生きする人に特別に多いホルモンであった‘アディポネクチン’も○○によって増えるという、とてつもない恩恵をもたらすというモノなのです。

覚えている人はどれくらいいるでしょうか?(恐らく壊滅状態?)

また、植物が光合成するために必要な葉緑体の主成分が○○であり、光エネルギーを吸収することにおける重要な役割を果たしている秘密があります。



そうです、○○とは、・・・・‘マグネシウム’というミネラルだったのです。

カルシウム:マグネシウム=2:1ということを聞かれると思いますが、ではその比率で摂ればOKかといえば、そんな単純なものではないのです。

ミネラルの神秘とは、多種多様なミネラルが相互にバランスをとって作用しており、カルシウムとマグネシウム以外のミネラルが関与すれば2:1の比率も壊れるのです。

Aというミネラルが多くなるとBというミネラルの吸収が阻害されるという拮抗作用も起きるのです。

では、どうするのか?となれば、単純にマグネシウム剤を買うのではなく、まずは、自然のモノでマグネシウム‘も’豊富に入っているという食品を選ぶと良いでしょう。

自然界の絶妙なバランスは人智を超えています。

オススメは、はやり、豆腐などの大豆関係、ゴマ、青のりなどが上がってきます。

青のりは、‘ビタミンU’という細胞の粘膜の修復が早いすばらしい成分も多くあり、アレルギーの大いなる原因である小腸の粘膜の荒れの修復のために特にオススメです。

店主は、それ以外に78種類という多くのミネラルが摂取できる‘グレイトミネラル’という強力なミネラル濃縮エキスの力を借りています。